舞踊「中国の不思議な役人&solo for 2」 感想2012/12/21 19:00

10列16番 @りゅーとぴあ

前5列をステージとして使用していたので、実質5列目。最高の場所でした。
【solo for 2 20分】
新国立劇場の「2012バレエの饗宴」のために作られたもの。新国立の時はバイオリンは生演奏。バッハの曲に合わせて1組、2組が順々に音に反応して踊る。途中舞台を去る者、袖から舞台に出てくる者色々。ひたすら音を形にしたような舞踊だった。途中、男性2人が中国武闘を踊りにしたような振り付けがあって、少しラルビさんを思いだした。そして、最後無音の中で井関さんと宮川さん(?)が踊り、最後手を上に差し出して幕。
【中国の不思議な役人 30分】
サイトウキネンフェスティバルで生オケで踊ったもの。お話は白井さん演出の舞台を観ていたので知っているつもりだったが、金森さんの演出は娼婦が中国の役人に惚れるという設定ではなかったようす。ただ、変拍子の続く難しいバルトークの音に忠実に、一音一音を追いかけた結果の舞踊だった気がする。そして、見事に物語になっていた。やっぱり、私はお話が根底にある舞踊の方が好きみたいだ。
【アフタートーク】
金森さん:今回は、全て音から振り付けをした。solo for 2は、舞台をひとつの世界として、その世界から出て行く者や外からくる者を表現したつもり。
Noismメンバー:生演奏は、次にどんな音が来るか分からなくてセッションをしているという感じが強くした。そして、舞台に伝わる音の振動が凄かった。

2作品とも、とても緊張感のある舞台でした。

舞台「五右衛門ロック ZIPANG PUNK」 感想2012/12/29 12:30

@東急シアターオーブ 12/29 8列、12/30 2階7列

29日この演目がこの席で見れたことに感謝。前5列をステージで潰していたので、実質3列目センターでした。
考えてみたら「五右衛門ロック」シリーズは、DVDでしか観ていなかった。初五右衛門でした。
春馬くんのキレキレの踊りと歌、蒼井ちゃんの踊りはバレエが基礎にあるから綺麗だった(バレエやった人の滞空時間って・・・明らかにジャズとは違う)、浦井くんはキラキラのお馬鹿キャラで、古田さんは見え切るときがめちゃめちゃ格好よくて良い声!(しかし他は割と脱力、それが彼の魅力でもあるが・・・)、麿さんはもうね別格でした、これ以上の秀吉さんはこれ以後見れないだろうなと思わされました。その他、新感線の安定の団員の方々。五右衛門シリーズはエンタメに徹していて、スキあらば笑わそうとしてくれる演目。心から笑えてすっきりしました。
大人が全力で大真面目でバカをやる。これぞ新感線!!!

30日の2階は遠かった。
上から見て始めてステージ上に屏風に出てくるような俯瞰図が描かれているのがわかった。ステージ下の演奏者の方も割合よく見えた。演出を見るにはいい席かもしれないが、役者との距離はどうにもならず前日とは段違い。
ただこの日は、2012年の最終だったのでアンコールで五右衛門ロックを大合唱!!!楽しかったーーーーー!

IZOのような作品も大好きだけれど、こういうのも好き。

アワブロすっごい楽しい。

舞台「祈りと怪物」 感想2012/12/29 18:30

@シアターコクーン B列

X列があったので、実質5列目でした。視界良好。
新感線からのハシゴだったので自分的に感度が非常に不安だったのですが、十分ぞわぞわっとしました。
他人の痛みに鈍感なウィルヴィルの市長とその娘たち。己の欲望にとても忠実だった。彼らは「怪物」の象徴だったのではないかな。対する民衆はその救いのない世界で「祈り」の対象を見出す。

出色は大倉さん、セリフの強弱や間、ほかの人には真似のできない素晴らしいパッキオを観ることができました。蜷川さんverでは誰がこれをやるのか心配になりました。木野花さんも、同一人物が演じているなんて途中まで気が付きませんでした。そのくらい姉妹を演じ分けていた。パスカルズの生演奏も良かった。ライブでした^^。舞台美術はとてもケラさんテイストなものでした。
4時間10分の長丁場、そうそう選択できる戯曲ではなので観れたことに感謝。