映画「髑髏城の七人」 感想2013/01/05 11:00

@新宿バルト

先行上映、行ってきました。
去年観たお舞台、席が下手端っこだったので見切れが結構あったので楽しみにしていました。
もうね、らんべさんの殺陣の美しさったらないな。以前の時より舞っている感じが少なくて格好良かったのがそのまま映像になってる。うん、あの白い衣装の立ち回りは永久保存だと思った。でも、彼の朱雀のお舞台だとイマイチなのよね、相手が映像だったりとかして・・・。
天魔王さま、顔芸がドアップで沢山使用されていたが、らんべさんとの立ち回りはもう少し編集なしのロングスパンで観たかった。結構アップに編集されていた気がした。何にせよ、全般的にはとっても良かったです。
あと、聖子さんがね、やっぽりお舞台そのままでとっても良かった。ほんと、ほかの人ではこうはならない。

個人的にはやっぱり舞台は生が良い。全体が見れるし。でも、生ものなので、記録は必要だなと思いました。DVDには是非、稽古シーンをいっぱい入れて欲しいものです。




舞台「音のいない世界で」 感想2013/01/05 17:00

@新国立劇場 小劇場

 1時間25分夢を見た。とてもとても静かな舞台だった。故に眠気とも戦わなくてはならなかったが(苦笑)。
松さん(セイ)と首藤さん夫婦が持っていた蓄音機が盗まれる。夫は音を追いかけ、妻は夫を追いかけた。音のしない自動ドア、鳴く声をなくした鳥たちと鳥を埋葬する人、羊笛をなくした羊飼い、カン国(管楽器)とゲン国(弦楽器)の戦。夫は音を探しに出たのに、何を探しに出たのかすら忘れてしまう。「何かわからないけど、とても大切なもの」を探し続ける夫。泥棒さんはなぜ音楽を盗んだのかは語られない。夫婦が蓄音機から音楽を再生しておわり。とても長塚さんらしい舞台だと思った。
 近藤さんや首藤さんがいるから、もっと動きのある舞台になるかと思ったら、あっさり裏切られた(笑)。とても大切なものを大事に大事に舞台にした感じでした。

日本経済新聞を見てびっくり。舞台のくるくる回る円盤はレコード(音)だったのか!!!

<アフタートーク>
この演目の発端(長)僕と首藤さんが飲んでいる時に、お店に蓄音機があって、これ音のない世界って面白いねって言っていた。丁度芸術監督の宮田さんにあったので、アイデアを話したらゴーサインが出たんです。

Q:近藤さんは、もっと動きたい!という衝動に駆られませんでしたか?
A:(近)今回、言葉という壁があったので、そちらに手こずりました。
(長)近藤さんと首藤さんがお祖父ちゃんお祖母ちゃんで出てくるシーンがあるんですけど、言葉が詰まるんです中々先に進まないんですよ。その間、松はずっと鞄持って待っていました。(稽古) で、さっき覗いてくれた俳優さんが言ってくれたんですけど、この二人は技術じゃなくて身体で言葉を発するので、それが凄い良かったって。僕や松も凄い刺激をうけました。

Q:題名が「音のいない世界」だし、近藤さんや首藤さんがいらっしゃったので台詞すらない音のない舞台なのではと思っていたのですが、今回のような音楽のない世界にされたのは…。
A:長:いや、色々やったんですよ。手話の人に来ていただいてワークショップしたりとか。結局こうなりました。

長:今回、舞台のサイズを最初の予定より小さくしたんですよ。最初の案のサイズを見た時、何か二人が伸び伸び動きそうだったので、それは面白くないなと。少し負荷がかかったほうが面白くなるので。